結婚式では美しい振袖を…結婚式の振袖ランキング

ホーム > 結婚式の振袖について > 結婚式は注目のパステルカラーの振袖を着よう

結婚式は注目のパステルカラーの振袖を着よう

ピンクやブルー、ミントグリーンをはじめとするパステルカラーの着物も結婚式で注目が集まっています。
同系色の小物を合わせることでより優しい印象の花嫁に仕上がります。
洋装のカラードレスのように着こなすのがポイントです。
水色の地にピンクや黄色の花々、そして吉祥文様を配した愛らしい引き振袖は、淡いクリーム色の小物を合わせることで、よりふんわりとしたやさしい雰囲気にコーディネートすることができます。
みずみずしい水色の着物は可憐な花嫁姿を約束するもので、花柄の半衿でより一層、初々しさを出すようにします。
また、淡いピンクの色の地に、枝垂れた桜が咲き誇る上品な引き振袖は、鮮やかな黄色の小物に、ピンクの生花のヘッドコサージュやブーケを合わせて繊細な柄ゆきを引き立ててあげることが大事で、春の花嫁にふさわしい一枚です。



結婚式に自分好みの振袖を選ぶなら

結婚式に参加をするうえで、自分好みの振袖を着こなしたい時には、様々な種類の着物が扱われている店舗に相談をすると良いでしょう。
近頃は、商品の品揃えやデザインの良さなどにこだわりのある店舗が各地に増えており、おめでたい日にぴったりの衣装をすぐに探すことが可能です。
特に、振袖の品質を重視するにあたり、高価格帯のを扱っている店舗を探すことで、素材や寸法などをしっかりと決めることが肝心です。
また、振袖の着付けの方法やクリーニングの必要性について分からないことがある場合には、経験豊かなスタッフが揃っている店舗にお世話になることがおすすめです。
こうした衣装の購入価格は高額になることがあるため、予算に余裕がない場合には、レンタルを利用することも有効です。
その他、無料相談の受付が行われている店舗を利用することで、結婚式に最適なもの選ぶことができます。



結婚式で振袖を着ることのメリット、デメリット

結婚式に招待する側は準備が大変といいますが、招待される側も色々と準備が必要です。
特に女性は新婦より目立たないように引き立てつつ、マナーを守った上でおしゃれして行かなくてはならないので、何を着て行こうか悩む方も多いのではないでしょうか。
未婚女性が結婚式に振袖で参列することは最もフォーマルで無難だと言えますが、メリットとデメリットがあります。
メリットとしては、以下が挙げられます。
・毎回ドレスや小物を買い替える必要がないので出費が少なくて済む・振袖自体がフォーマルな着こなしである為、マナーを気にしなくて良い・着物で出席する人は少ないので、新郎新婦やご親族に喜ばれるデメリットとしては、以下が挙げられます。
・着付けてもらうには荷物が多く、着付け自体も時間と手間がかかる・帯をきつめに巻くので、料理を食べる時に動きづらく苦しい・年齢が高い未婚女性は着ていると恥ずかしい最近では安価なドレスも多く販売されており和装の参列者はほとんど見かけなくなりましたが、振袖という高価な着物で時間と手間をかけて新郎新婦のハレの日に華を添えるというのは、お祝い金等では表せない祝福の気持ちの表現方法ではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP