結婚式では美しい振袖を…結婚式の振袖ランキング

ホーム > 結婚式の振袖について > 結婚式に着る振袖はレンタルがオススメ

結婚式に着る振袖はレンタルがオススメ

結婚式に着る振袖を用意する際に、購入するかレンタルするかになります。
経済的に余裕があれば購入しても良いですが、多くの方はそれほど経済的余裕がないことの方が多いです。
振袖を購入するとかなりの費用がかかってします。
また購入した後もクリーニングやメンテナンスなどの費用もかかってきます。
そこで、ほとんど着ることがなく振袖はあえてレンタルしてしまった方が良いでしょう。
レンタルならば、購入費用やクリーニング、メンテナンスなどの費用がかからないため、かなり経済的です。
こうしたレンタル会社はいくつかありますので、サービスや料金などを総合的に考慮して選んでいきましょう。
また、レンタル会社を利用する際に気を付けておくことがあります。
それは、利用規約をしっかりと読んでおくことです。
理由は、利用規約を読んでおかなかったばかりにトラブルになることもありますので、十分に利用規約は読んでおきましょう。



結婚式にお呼ばれしたら是非振袖に挑戦

結婚式にお呼ばれしたら是非振袖に挑戦してください。
振袖は未婚の女性の正装です。
未婚だからと言っても、30才を過ぎると着づらくなってしまいますので、着られる機会は少ないからです。
成人式のものでも良いでしょう。
レンタルする方法もあります。
レンタルする場合は、小物がどこまで含まれているかを確認します。
足袋や肌襦袢は自分で用意するか、買い取りがほとんどです。
振袖は新婦の衣装と色が被らないようにします。
結婚式の主役は新婦だからです。
着付けはレンタル店で行っていないこともあります。
美容院などを予約します。
当日は着脱の容易な前開きの服を着ます。
まず、ヘアとメイクを済ませてから、着付けです。
前開きの服でないと髪が崩れてしまいます。
足袋と肌襦袢は自分で着て、下着姿のまま人前に立たないようにします。
着物を着て大荷物はおかしいですので、荷物は最小限にまとめ、着替えなどは預かってもらうようにします。
立ち居振る舞いに注意します。
手をあげて腕を見せないようにします。



結婚式で着たい幸せを約束する伝統柄の振袖

日本では昔から晴れの日の衣裳に、縁起のいい吉祥文様を描いてきました。
伝統的な古典柄の意味を知ったうえで、結婚式に着る引き振袖を選ぶのも感慨深いです。
連綿と受け継がれてきた日本の文化と幸せを祈る心を大切にして、その日、凛とした美しい和の花嫁になれるよう選ぶことが大事になります。
たとえば、松は力強く根を張り、一年中美しい緑を持つことから、縁起のいい植物として古くから重宝されてきました。
その松を文様化した意匠は、花嫁の和装に欠かせない柄です。
また、水は古代より聖なるものとして大切にされ、流水柄は流れがあり腐らないとして、清らか、正義といった意味にも使われます。
水を意匠化した文様は古くからあり、吉祥文様と組み合わせてより華やかに描かれることが多いです。
四季の花々や金彩が黒地に浮かび上がる清冽な印象の黒の引き振袖は凛とした印象が生まれる艶やかな一枚です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP