結婚式では美しい振袖を…結婚式の振袖ランキング

ホーム > 結婚式の振袖について > 結婚式に振袖を着ていく年齢とは

結婚式に振袖を着ていく年齢とは

未婚の女性が結婚式にゲストとして招待された際に、振袖を着ていこうと考える人も多いのではないでしょうか。
しかしいざ着ていくとなれば気になることは、何歳まで着ても良いのかという点です。
若い人が着るものというイメージがあるように、本来は十三歳から二十四歳が着る物でした。
しかし時代の流れとともに考え方にも変化がおきています。
三十代や四十代でも未婚の女性も増えていますが、さすがに四十代で振袖を着ることは違和感を持つという人が多いです。
しかし三十代ならば着ても問題はないのではないでしょうか。
ですが三十代で着用する場合には、色や柄には気をつけるようにしておかなくてはなりません。
若い時に着用していたような派手なものを着てしまうと、年甲斐もないという印象を与えることになってしまい、結婚式で白い目で見られるので気をつけましょう。



結婚式に招かれたら振袖を着用して出席しよう

友人や知人の結婚式や結婚披露宴に招かれたときは、何を着て行こうか迷うことがあります。
そんなときは、振袖を着用して出席すると会場が華やかな雰囲気になるため、喜ばれると言われています。
結婚式に振袖を着用して出席するときは、あらかじめいくつか頭に入れておきたいポイントがあります。
その中の一つが、新婦が着用する衣装の色と同じにならないように、事前に確認しておくことです。
あくまでも主役は花嫁さんなので、同じ色味の和服を着用するとかぶってっしまい、マナー違反になってしまうからです。
もしも、事前に新婦に確認できない場合は、ピンク系の出来るだけあっさりとした控えめな柄を選ぶと安心です。
ちなみに、振袖を持っていない場合は、レンタルサービスを利用すれば、たくさんの中から希望に合ったものを選ぶことができます。
ネット上で予約をして宅配便で受け取りや返却ができるので、面倒な手間がかからず便利です。



結婚式で振袖を着るメリットとは

結婚式にゲストとして参列する際に頭を悩ませることの一つといえば、やはり服装ではないでしょうか。
ドレスにする人が多いですが、着物で参列するメリットも数多く存在しています。
着物は日本人の体型に合うので似合うというだけではなく、場を華やかにするのでおめでたい席にはもってこいとなります。
その際に未婚という場合には和装では最も格式の高い正装となるのが振袖です。
袖の長さが長くなるほど格式が高いものとなりますが、その際には花嫁とかぶらないように気をつけておかなくてはなりません。
華やかな柄で控えめな色にしておくと、花嫁よりも目立ってしまう心配がありません。
ゲストが着る着物の色に決まりがあるというわけではありませんが、基本的なマナーとして親族の黒留袖とかぶる黒は着るべきではありません。
それだけではなく花嫁のウエディングドレスや白無垢とかぶる白とクリーム色は避けましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP