結婚式では美しい振袖を…結婚式の振袖ランキング

ホーム > 結婚式の振袖について > 結婚式に振袖で参列する際の注意点

結婚式に振袖で参列する際の注意点

振袖は日頃着る機会は滅多にないという人が大半であり、成人式で着る以外は着たことがないという人が多いのではないでしょうか。
しかし、未婚女性の和装の第一正装ということもあり、改まったシーンでは着用することになります。
その一つに結婚式があげられます。
しかしゲストとして招待され参列する場合には、注意しておかなくてはならない点も多数あります。
まず第一に頭に置いておかなくてはならないのが、花嫁も着ることができるということです。
そのことから、花嫁と色や柄が被らないように気をつけておかなくてはなりません。
花嫁とかぶってしまったり、花嫁よりも豪華に見えて目立つものを選んでしまうとマナー違反となってしまいます。
未婚女性の和装では第一正装ということもあり、着る機会もないので浮かれてしまいがちですが、色と柄には気をつけましょう。



結婚式に振袖を着ていく際の注意点とは

結婚式にゲストとして招待された際に頭を悩ますことの一つといえば、服装ではないでしょうか。
ドレススタイルの人が多い今の時代ですが、着物を着ていくと場を華やかにすることができ新郎新婦からも喜んでもらうことができます。
着物の一つであり未婚女性だけが着ることができる衣装の中で、最も豪華な正礼装といわれるものが振袖です。
着物のルールは数多く存在しており、着ることをためらう人もいますが、成人式以外に滅多に着る機会がないからこそ、着用したいと考える女性も多いのではないでしょうか。
その際には、気をつけなくてはならない点もあります。
まず頭に置いておかなくてはならないのが、花嫁と色や柄が被ってしまわないようにするということではないでしょうか。
特に色には気をつけて起きましょう。
花嫁と被ってしまうと、気まずくなってしまいます。



結婚式のゲストが振袖を着る注意点

成人式に着るものというイメージがあるのが振袖ですが、それ以外にも未婚の女性ならば結婚式など改まったシーンでは着用することができます。
しかしその際には袖の長さには気をつけなくてはなりません。
袖が長いほど格式が高くなり、大振袖となれば花嫁も衣装として着ることがあります。
花嫁が着用する場合には、ゲストは少し格式の低いものを着ることがマナーとなっています。
近年では結婚式ではそれほど堅苦しくする必要がないという考えを持っている人もいますが、花嫁よりも目立つような服装をしていくことはマナー違反となっています。
日頃着る機会がないものということもあり、浮かれてしまいがちですが結婚式は新郎新婦が主役でありゲストは新郎新婦よりも目立つことのないようにしておくことが大切になってくることは間違いないのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP