結婚式では美しい振袖を…結婚式の振袖ランキング

ホーム > 結婚式の振袖について > 結婚式で振袖を身につけていいのか

結婚式で振袖を身につけていいのか

結婚式に振袖を着るのは、未婚女性にとって第一礼装と考えられている為、礼儀作法にのっとった正しい身につけ方といえるでしょう。
身につけるときの注意として挙げられているのは、花嫁の衣装と重ならないようにすることです。
花嫁が和装で挙式、披露宴を行う場合には、招待客として花嫁よりも目立たない服装をすることが礼儀といわれています。
そのため、花嫁衣裳と重ならない柄や色を選ぶことが重要です。
もし可能であれば、事前に花嫁の衣装の柄や色を重ならないようにすることをお勧めいたします。
なお、袖の長さによって大・中・小と分けられており、基本的に中振袖を身につけたほうがいいでしょう。
大の場合は花嫁と袖の長さの重なりが懸念され、小の場合は10代ならば問題ありませんが、比較的カジュアルとみなされることが多く、身につける場合に注意が必要だからです。
お目出たい柄で花嫁さんと重ならないものを選ぶことが、招待された側の礼儀である為、事前にできるだけ確認して身につけてください。



結婚式に振袖を着ていく場合の準備

結婚式に参加する際の服装は迷います。
結婚適齢期は概ね20代となりますので、少々華やかな装いで披露宴を華やかにして挙げると新郎新婦も喜びます。
結婚式は会場など華やかですから、振袖は良く合います。
着る場合は、着付けの手配が必要になります。
またヘアスタイルも美容院で行うと素敵です。
アップスタイルでもふんわりスタイルでも良く合います。
自宅付近の美容院を探して手配する事も出来ますが、参加する会場近くで探す事も出来ます。
美容院で着付けを行っている所がありますので問い合わせてみると安心です。
ヘアスタイルと着付けを依頼しますので、時間も確認が必要です。
参加する時間に合わせて予約を入れます。
結婚式の時間が早い場合で美容院がまだ開店していない場合でも、問い合わせをすると対応してくれる場合が多いです。
ヘアスタイルは事前に希望を伝えておくとスムーズです。



結婚式は振袖で華を添えてみては

結婚式に招かれたときに、特に女性は「どんな格好をしていこうか」と悩む方も多いはずです。
近年、一般的になっているのは、洋服のドレッシーなスタイルです。
マナーに則ったドレスを事前に用意しておけば、後は自分で着るだけですから、非常に手軽に便利な装いだと言えるでしょう。
しかしせっかくの結婚式ですから、振袖で場に華を添えるのもお勧めの方法です。
振袖を持っていないなら、レンタルするのがお勧めです。
帯や必要な小物なども、一緒に貸してもらえるお店を選べば、非常に便利です。
使ったあとのメンテナンスもお任せできるので、保管場所に悩むこともありません。
もし自分で振袖を所有しているなら、帯や小物で変化を楽しみましょう。
和服の楽しみ方は幅広いですから、飽きずに何度も着られることでしょう。
日本女性らしいたおやかな魅力を表現できます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP