結婚式では美しい振袖を…結婚式の振袖ランキング

ホーム > 結婚式の振袖について > 結婚式で振袖を着る際のマナーとは

結婚式で振袖を着る際のマナーとは

結婚式に招待された際には、おめでたいことなので嬉しい反面、何を着ていけば良いのかで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。
成人式の際に振袖を購入したという人で、未婚となればこの機会に着たいと思うのは当然のことであり、結婚式に振袖を着ることは良しとされています。
教会やキリスト教式で挙式するものに招待されたときには、新郎新婦のどちらかがクリスチャンというケースもあります。
しかしキリスト教式の教会での挙式であっても着物を着ることは問題ではありません。
ですが、招待状などに和装での参列は不可となっている時には、もちろん着物は避けるようにするのがマナーです。
着物を着ることで場が華やぐというメリットはありますが、着物を着る際には色や柄には十分気をつけておき、マナーを守るようにすることを忘れてはいけません。



結婚式で振袖を着る時のマナーとは

結婚式に呼ばれた時、振袖を着て行こうと考えておられる方もいらっしゃるでしょう。
色鮮やかな着物は場を華やかにし、きちんとした印象も与えてくれるので、新婦やその家族から喜ばれます。
しかし、どんなものを着て行っても良いわけではないので、きちんとルールを知っておく必要があります。
例えば、結婚式が神前のスタイルで行われる場合、新婦も振袖を着る可能性があります。
神前の式に参加する場合は、新婦がどのような着物を着るか確認すること、そして自分が着ていく着物と色が被らないようにすることがマナーです。
また、袖の長さが115センチを超える大振袖は、一番格式の高いものなので新婦が着用する可能性があります。
ゲストとして参加する場合は、新婦と被らないようにしなければならないので、袖の長さが105センチの着物を選択すると良いでしょう。



結婚式で振袖を着る時に気を付けること

結婚式にゲストとして参加する際、未婚女性であれば振袖を着ていく場合があります。
とても華やかなので、結婚式にはぴったりなのですが、気を付けなければならないこともあります。
まずは色選びに関してです。
ゲストが着ていく着物で避けるべき色は、黒や白、または白っぽく見えるクリーム色などです。
黒の着物は、親族の女性が黒留袖を着る場合があるので避けるようにします。
白や白っぽく見える色は、言わずもがな新婦が着る色ですので、着ないようにしましょう。
柄に関しても新婦と被るのは良くないので、新婦が振袖を着用する場合は、どんな柄や色のものを着るのか事前に聞いておくのが良いですね。
また、被っていないからとあまりにも派手な柄を選ぶのもよくありません。
華やかさを出すのは良いことですが、メインで目立つべきは新婦です。
新婦より目立つような振袖は避けるのがマナーです。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP