結婚式では美しい振袖を…結婚式の振袖ランキング

ホーム > 結婚式の振袖について > 結婚式で振袖を着る場合はレンタルのが普通

結婚式で振袖を着る場合はレンタルのが普通

未婚女性の第一礼装と言われているのが振袖です。
しかし、袖の長さによって大中小があると言うことを知っておきましょう。
袖が足元まであるものは、結婚式のお色直しで着られます。
成人式やパーティでは中を着るのが普通です。
礼装の場合、五つ紋をつけるのが正式ですが、最近はあまりこだわられません。
紋無しでもOKになってきました。
模様は華やかな総絵羽模様が一般的です。
着物の華やかさに負けないように帯にも気を配らなくてはいけません。
ちなみに、結婚式で振袖を着る場合、レンタルするのが当たり前になっています。
ただ、どこのショップでレンタルするかによって費用が変わってくるので注意しましょう。
会場指定以外のショップでレンタルする場合、数万円の持ち込み料がかかります。
しかし、持ち込み料を負担するサービスを行っているショップもあります。



結婚式に着る振袖をレンタルしよう

友人や親戚の結婚式に招待された際に、振袖を着たいと考えている女性も大勢いらっしゃるでしょう。
他のドレスに比べて着る事に手間暇が掛かってしまいますが、その分お祝いの気持ちを全体で表す事が出来ます。
しかし、購入するとなると料金の高さから諦めてしまう方も多くいらっしゃいます。
そんな時はレンタルを利用してみてはいかがでしょうか。
手軽に利用できる事でも人気があり、購入するよりもかなりお得に利用する事が可能です。
尚且つ、小物類も全てセットで利用できるプランも多く、振袖が初めてと言う方にとっても簡単に選ぶ事が出来ます。
近年ではインターネットを利用して通販でもレンタルする事が出来るので、自宅から全国の有名なショップを利用する事が可能です。
お近くに店舗がある場合は着付けを行なってくれるサービスも多いので利用されると良いでしょう。



結婚式に振袖を着て行ってもいいのか

結婚式にお呼ばれした時に振袖を着て行っても失礼に値しないのか気になります。
まずは自分の年齢と照らし合わせて見る必要があります。
まだ10代や20代なら着ても初々しさを感じられますがそれ以上の年齢なら年相応の服を着るなど、わきまえる事が何よりです。
新婦よりも目立たないデザインを選ぶなど遠慮を覚えておく事も大切です。
ピンクや赤、デザインが派手な振袖は場違いになる可能性もあるので気をつけるのが最もです。
場を壊さないように配慮した上で、選択するのがベストです。
着物を着ているという事なので、上品な振る舞いを心がけ、歩く歩幅も詰めるなど和の心を大切にします。
佇まいが可憐だと、中身も素敵な人だと思われやすいので、常に自分はどう見られているのか確認します。
折角着物を着ているという事なので言葉遣いにも気をつけた上で行動すると印象も良くなります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP