結婚式では美しい振袖を…結婚式の振袖ランキング

ホーム > 結婚式の振袖について > 振袖の柄や色でいつもの印象が変わる

振袖の柄や色でいつもの印象が変わる

結婚式に出席する際の装いは、男性の和装であれば羽織、袴の1種類です。
けれども女性の場合は新郎新婦との関係性や、結婚式を行う時間が昼夜いずれかなどによって異なります。男性の洋装はブラックスーツやダークスーツが一般的となっています。女性はフォーマルなワンピースやスーツ、またドレスなどを着用する人が多いようです。しかし最近は、着物で出席したいという人も多くなっており、実際に着物を着て出席する人の数も増えてきています。少し前までは、着物は一般的な装いではなく、着る人も昔に比べて減少していた時期もありました。着たことがない人にとっては、髪型からバッグなどの小物、草履など履物までも着物のために揃えなくてはならないため、一式そろえることも難しいとされていました。
そのため、一般的に馴染みのある装いからはかけ離れたものになりつつあったようです。
忙しい現代社会の中で、ゆったりと着物の暮らしをすることは現実的ではなかったようです。

ところが、最近になって着物をレンタルして着る人が増えています。レンタル料金は、着物だけではなく小物類から髪型のセットまで一式のセット料金になっているところが多くあります。そのため店舗に出向くだけで着物を着て出かけることも可能となっています。
レンタルで着物に馴染み、今度は自分の着物が欲しくなって普段に着物を着たいという人も少なくはありません。そのため、結婚式など正式の場所に出席するには着物は最適だと考える人も増えてきました。女性が結婚式に出席する場合の和装は、振袖、色留袖、訪問着、色無地などとなっています。
その中で振袖は未婚の女性の礼装となっています。結婚してしまえば着ることはないため、結婚式の際にはぜひ振袖を着たいという若い女性はたくさんいるようです。

未婚の女性いう着る期間が限定されている振袖は、見た目にも華やかな着物となっています。
色も明るくきれいな色合いのものが多く、着物を着たいと考える女性であれば、誰もが憧れる衣装のひとつと言っても良いでしょう。そこで、結婚式に振袖を着用する際には、少し注意する点が出てくることを忘れないようにしなくてはなりません。言うまでもなく結婚式の主役は新郎新婦です。特に新婦にはお色直しがあります。そこで振袖を着る場合も少なくはありません。振袖で出席する女性は、着物の色や柄には注意する必要があります。新婦よりも目立った色を着るべきではないでしょう。お色直しの振袖の色をあらかじめ確かめるのは難しいので、結婚式の出席の場合は少しきれいな色でも控えめな色を選ぶほうが良いかもしれません。
少し地味でも、振袖という華やかな着物なので、華やかな中でも品が良い装いにすることができるでしょう。

カテゴリ

PAGE TOP